超臨界水の理論と現実

超臨界水研究の現実

環境事業を始め様々な分野で未知の可能性を持つ超臨界水は、国内外で研究の対象となってきています。
国内においては、超臨界水を生成する際に高圧の免許が必要になる為、一部の大学機関などで研究されているに
過ぎません。しかし実用レベルで活用できるまでの大量生産ができないのが現実です。
 
また従来の超臨界水の生成方法は、高圧環境を作るのに高純度ガス(CO2)を利用している為、人体に適 した超臨界水は作れないという見解が一般的でした。
  
ナノファーム(株)は、 CO2を使わずに超臨界を超えた水を大量生産できる特許技術を編み出しました。 

蒸気機関車の仕組み

蒸気機関車は、石炭で水を蒸発させる事で、水の爆発力(膨張力)でピストンを回し、何百トンという機関車を動かしていました。

ガソリンやガスが爆発した場合、膨張により600倍の力となるが、水が蒸発した場合は、1200倍~1500倍の力が出る。=蒸気(水)は膨張率が高いが、油は膨張率が低いです。
油に火を加えると3倍の力になる。(600×3=1800倍)これが石油エネルギーの理論。水に熱と圧力を加え、照射する入り口を細める事で、水が1.5kmも飛ぶほどのエネルギーを帯びています。プラントの中でぶつけ合う事で、エネルギー衝突させています。

従来に無い特許技術で、1日に数トン(1プラント)の超臨界を超えた水の生成が可能となった。